Corporate Information

トップメッセージ

沓名 一樹

当社第8期の事業年度におけるわが国経済は、政府等による新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とした休業要請等により、一部の業種においては厳しい環境が続いている状況であります。しかしながらワクチン接種は相当程度進んでおり、足元では感染症でのマスクの在り方の議論や訪日外国人旅行者(インバウンド)の受け入れが始まるなど、新たな変異株等の発生による経済への打撃の懸念は払拭されないものの、少しずつ経済環境は回復していくものと推測されます。

このような経済状況のもと、当社は感染症拡大防止対策をはじめとして、お客様に安心・安全にご利用頂けるホテル運営を行っております。インターネット等を利用した広告宣伝の強化、長期宿泊者用プランの販売や栄養バランスを考慮したお弁当がついたプラン等の販売をしております。また各都道府県が実施している旅行割引キャンペーンに積極的に参加し、宿泊稼働率の維持及び向上、経費削減に努めております。この結果、第6期までに開業した既存27店舗の2021年度平均宿泊稼働率は85.3%(前事業年度比17.7ポイント増)となりました。

新規開発におきましては、2022年3月期において「ABホテル木更津」を新規開業し、2022年4月には「ABホテル安城」を開業し、営業店舗数は33店舗となりました。

今後も、需要が見込める立地を選定し、お客様にお喜び頂けるホテルを展開し、厳しい環境下においても黒字確保を目指し経費削減、売上の維持及び向上に努めてまいります。

2022年6月
代表取締役社長代表取締役社長 沓名 一樹